忍者ブログ

インデックス・ドライバー

コストの線形性について(新興債)

インデックスファンドの実績とコストとの関係(2014/12/E)」でコストの影響を定量的に確認しました。

当時日本株、グロ株、新興株以外のデータも集めていて解析をしていませんでした。なので今回簡単に見ておこうと思います。データは2014/12/E時点です。線形性と書きましたが数学的に厳密なものではなくただのバラツキと傾きの確認です。

Morningstarのファンド検索から2014/12/E時点の経費率(実質コスト)、リターン(1年と3年年率)、標準偏差(3年年率)を取得し相関取りします。DCファンドとETFを含みます。プロットは横軸に経費率、縦軸にリターン、Z軸(カラー)に標準偏差を取ります。数式は近似線の関数、σは近似線とのY方向の距離の標準偏差です。縦横のレンジは1年は2%、3年は4%としています。

【新興債(JPM GBI-EM GD)@1年】
y=-0.81x+7.26(n=8)σ=0.239%

【新興債(JPM GBI-EM GD)@3年】
y=-2.41x+16.14(n=8)σ=0.263%

【考察】
バラツキが大きいこととNが少ないため精度が出ていないように見えます。経費率ではない他の成分(ポートフォリオや運用技術など)の違いが表れていると考えています。

(関連記事)

コメント

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[11/19 Rocky]
[11/18 通りすがり]
[11/08 Rocky]
[11/07 AKI]
[10/27 Rocky]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR