忍者ブログ

インデックス・ドライバー

アンリミテッド信託報酬トレース

【運用管理費用の法則(グロ株、リニア)】

「インデックス投資は生み出す者ではなく、生み出される者にすぎん」


インデックス投資業界は「積立型非課税口座向けファンド」とか低コスト品がいろいろありすぎて情報を追うのも億劫になりませんか?そんな「インデックスファンドの低コスト化疲れ」な方にお送りします。私もそんな感じでしばらく遠ざかっていました。

前回「信託報酬の未来予測とインデックス投資のアクションアイテム」で推測を立てた後のグロ株インデックスファンド(一部全世界株とFOF含む)の状況を調べてみると2017/10/14時点で以下のようになると思います(他にもいくつかあると思いますがめんどいので入れていません)。

実施日 運用管理費用(税抜、%) 備考
エグゼアイ(FOF)引き下げ① 2017/02/24 0.3(=0.23+0.07) 投資先ETFの引き下げ
eMAXIS Slim 2017/02/27 0.2 新規
楽天(全世界株/FOF) 2017/09/29 0.23(=0.12+0.11) 新規
野村積立(ACWI ex J) 2017/10/02 0.19 新規
iFree引き下げ① 2017/10/02 0.19 2017/09/05発表
eMAXIS Slim引き下げ① 2017/10/02 0.19 2017/10/02発表
ニッセイ引き下げ③ 2017/11/21 0.189 2017/10/06発表
たわら引き下げ① 2017/12/30 0.2 2017/09/05発表











 
「イーマクシススリム」のトレースオンが熱いですね(日付も同じなんでグラフではアイフリー等の裏に重なっています)。有言実行はカッコイイと思います。「信念を貫く」って大切なことだと思うんですよね。

その他の運用会社含め、ユーザーであるこちら側としては申し訳ない気持ちになります。あちら側にまだどれだけマージンがあるのか知りませんが、その分純資産が増加するようにこちら側も資金投入というカタチで応えることが必要なんですかね。

あるいはインデックス投資(純資産)は複利で増大するという考え方なので、金融機関の収益を一定とするなら信託報酬(運用管理費用)も複利で低減していくのはある意味で道理なのかもしれません。

【運用管理費用の法則(グロ株、片対数)】

このグラフの信託報酬の推移も片対数グラフでほぼ直線、つまり一応は複利(指数関数)で低減してきたという実績はあります。しかし前回未来予測した近似線からはすでに若干外れつつあるように見えます。

【運用管理費用の法則(グロ株、リニア、拡大)】

この度ニッセイがもう一桁下まで小数を刻んできたのもそれだけ事情が苦しいことの表れなんでしょうか(我々としては効果は小さいが数学的にはそれでも「最安」になれる)。小数点以下は無限に続くのでまさに「アンリミテッド信託報酬トレース」ですね。やはりゼロでないあるオフセットに漸近する予感があります。

【まとめ】
我々は、何も生み出さず誰かに不利益を押し付ける者という自覚を持ち、自分の権利だけを主張する「プロフリーライダー」にならないように弁えることがインデックス投資家としての信念でなければならないと、信託報酬の引き下げがある度に強迫観念のようにつき動かされるのです。

謙虚でありたいっていう思いは、決して、間違いなんかじゃないんだから・・・!

(関連記事)

コメント

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR