忍者ブログ

インデックス・ドライバー

リスコンETFに見るマイノリティ指向の裏問題

リスコンETFの乖離率が戻ってきました。


6/21にTOPIXが+0.7%に対してリスコン10%は-7.27%。一気に乖離率+0.87%まで縮まりました。戻ってくるならまだいいですが、10%前後の下方乖離が常態化しているETFもあり、不思議に思っています。

気になるのはリスコン5%の方はほとんど値段が付いていません。リスコン10%でも一日の出来高が100株程度です。三菱UFJ投信がわざわざ非課税口座のために名前を変えたり、カブドットコム証券のフリーETFにも「マーケットメイクにより流動性をサポート」と書かれているのに少ない気がします。

私の言っているマイノリティ指向の裏問題でしょうか。さすがにマイノリティの自乗は厳しいですわ(´・ω・`)

ETFやETNが増えても、残念な感じで放置されているものが多いのが気になります。

(関連記事)

コメント

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[07/28 Rocky]
[07/27 netemate]
[04/23 Rocky]
[04/22 均等王]
[03/04 楢道ショウゴ]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR