忍者ブログ

インデックス・ドライバー

コモディティインデックスのバリエーション

久しぶりにコモディティの話なのは三井住友アセットが以下を設定したからです。


信託報酬:0.8925%(税抜0.85%)
連動指数:ダウジョーンズUBSコモディティ・インデックス

コモディティのファンドって意外とインデックスのバリエーションありますよね。他の資産がMSCIコクサイやシティ国債など型にハマって横並びなのに対して(あちらも複数の選択肢があるのに金融機関が採用しないだけですが)。

とりあえずSBIにあるものを並べてみます。

ニッセイコモディティファンド
三菱UFJコモディティファンド
グローバル・コモディティ・オープン
S&P GSCI ライト商品指数
コモディティファンド
パインブリッジ・コモディティファンド
コモディティ・インデックスオープン
DJ-UBS商品指数
DBLCIコモディティ6 ドイツ銀行グループの商品指数
UBSコモディティ・ファンド
グローバル・アンブレラUBSコモディティ
UBSブルームバーグCMCI総合指数
“RICI”コモディティ・ファンド ロジャース国際コモディティ指数













他の資産もこれくらいバリエーションがあると信託報酬と実質コストだけが目的関数にはならないと思うのです。もちろんバリエーションと言っても時価加重ばかりでは意味がなく、イコールウェイトや最小シグマインデックスのことを指しています。

あとついでに同じスタム繫がりで書いておくと、アジ株の名称と投信略称が変わったというのがありました。これができるならNYダウも信託報酬を下げつつ改名すれば無駄にファンドを増やす必要ないのに。販売会社がそれをさせなかったのではないかと疑っています。

(関連記事)

コメント

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 19
20 21 22 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[07/28 Rocky]
[07/27 netemate]
[04/23 Rocky]
[04/22 均等王]
[03/04 楢道ショウゴ]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR