忍者ブログ

インデックス・ドライバー

有効フロンティアについてII

有効フロンティアについてI」で求めた式は、あるリターンのときにシグマを最小にする"ウェイトの"一般形です。ではそのときのシグマがどうなるのか確認します。

前回求めたウェイトにおける合成シグマを計算していきます。


このように合成シグマの自乗(分散)が合成リターンRの二次式、つまり放物線で表されることがわかりました(a,b,c,dは共分散と個々のリターンで決まるスカラー定数)。シグマとリターンを軸とする有効フロンティアはこの平方根になります。

さらに、シグマがリターンの関数で表されたのでシグマが極小値を取るときのリターンとその時のシグマ、ウェイトを求めることができます。


このように極小値におけるシグマは個々のリターンによらず共分散だけで決まることがわかりました。またその時のウェイトはリターンを考えない合成リスク最小配分と一致します。

(関連記事)

コメント

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 3 5 6
8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[01/11 河童]
[01/11 Rocky]
[01/09 河童]
[01/09 河童]
[01/08 Rocky]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR