忍者ブログ

インデックス・ドライバー

効率的フロンティアの経時変化1.8

ダウングレードもこれで一旦打ち止めとします。「1.9」に続いて、最初に経時変化を考えた日本株、グロ株、日本債の組み合わせで一般の有効フロンティアを確認します。

◆日本株(MSCIジャパン):MSCIbarra
◆グロ株(MSCIコクサイ):MSCIbarra(ドル円:日銀)
◆日本債(日興債券パフォーマンスインデックス):日興フィナンシャル・インテリジェンス

1987年12月末からとします。このデータから年末における20年シグマ、リターン、相関係数を算出し有効フロンティアを求めます。参考としてイコールウェイトのランダムウォークも追ってみます。


実はこれ「2.0」で見た新興株を含む4資産の結果とほぼ変わりません。やはり新興株はシグマが大きいので有効フロンティアには関与できないようです(´~`;)あとリーマン2008以降の数年間(オレンジや黄色など)は負の傾きが支配的な「効率的"負"ロンティア」ですね(・∀・)

とりあえず最小シグマ付近を拡大します。


繰り返しになりますが、このプロットは毎年のシグマ、リターン、相関係数に応じてウェイトを変えることでその都度最適な解を「後出しで」算出していることにご注意いただきたいと思います。実際の資産運用でそれを実行するのは望ましいことではないと考えています。リバランスコスト、課税コストというのもありますが、第一に過去データは未来を保証しないからです。そして、その未来予想を放棄しているのがイコールウェイトです。

(関連記事)

コメント

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[07/28 Rocky]
[07/27 netemate]
[04/23 Rocky]
[04/22 均等王]
[03/04 楢道ショウゴ]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR