忍者ブログ

インデックス・ドライバー

「これからペ●ングの復活を祝って、諸君にETFの力を見せてやろうと思ってね」

「君は、ETFを宝クジか何かのように考えているのかね?」

「ETFはかつて、恐るべきコスト力で市場にあり、インデックス投資を席巻した魅惑の金融商品だったのだ」

「基準価額と取引価格は元々一つの数値だったのだ。取引所に上場されたとき二つに分かれたがね」

「君が取引価格を乖離から守るために、奮戦してくれたとは知らなかったんだ」

「市場の中ではムダ骨です。手は打ちます。どうせ彼らは取引価格でしか買えません。乖離はきわめて大きいですよ」

「なんだこれは?純資産総額の低迷が、こんなところまで」

「同じ再投資課税複利ロスが、君の口座の分配型投信にあった。このETFにもね」

「そんなものがまだ市場をさまよっているとしたら、投資家にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう」

「思い出したまえ。投資信託を繰上償還させる基準を。約款さえ変えればETFも上場廃止にできる」

「ユーザーに伝えろ。予定通りETFを繰上償還すると」


「見ろ!ETFがゴ●のようだ!!」(今井センター長すみませんm(__)m)

「3か月間待ってやる」(信託終了日:2015/07/08予定)

「その証券を大事に持ってろ!受益者の財産と引き換えだ!」

「君もインデックス投資家なら、聞き分けたまえ」

「くそぉ、金融庁は何をしている!」

「流行りのETFは嫌いですか?」

「どんなETFだ、教えろその名前を!」

「言葉を慎みたまえ。君はレバレッジETFの前にいるのだ」

「私はレバレッジETFだ。指定参加者により大量に設定された。異常事態につき私が臨時に指揮をとる。指定参加者は短期売買の投資家を狙っている。シグマで変動した瞬間を仕留めろ。ファンドから償還リスクを抜け。投資家を傷つけるな!」

「レバレッジ型なら安心したまえ。あの売買高ならこの5つより安泰だよ」

「それとも、そのETFでレバレッジ型と勝負するかね?」

「ハハッ、レバレッジ型と戦うつもりか?」

「見せてあげよう!レバレッジETFのいかずちを!」


「素晴らしい!最高のデータだと思わんかね?」

「日本取●所にある"月刊レポート・その他資料"をプロットしたインドラの火だよ。モ●ニングスターでは"ETFランキング"とも伝えているがね」

「このグラフの指す位置に、レバレッジ型があるのだ」

「はっ、はぁぁ!へえぇぇっ!?読める、読めるぞ!」

「見たまえ、この巨大な売買代金を。これこそ証券会社の収益の根源なのだ」

「ETF投資の現実だ。他のETFなど、ガラクタにすぎん。ETFの売買代金はすべてレバレッジ型に結晶しているのだ」

「他のETFの売買高には心底ウンザリさせられる」

「一段落したら、レバレッジ型以外すべて繰上償還させてやる」

「全世界は再びETFの元にひれ伏すことになるだろう」

(関連記事)

コメント

1. 米国ETFとは異次元の売買高格差

トップ一銘柄が市場の7割を占めているとは、資料を見るまで全く想像もしていませんでした。
米国ETFを見てみると、S&P500連動型が1位ですが、2位の2倍強といった程度です。

2. コメントありがとうございます。

>Sumunさん
他のトヨタなどの普通株式を入れてもおそらく最多ではないかと思います。インデックスなら短期的な上げ下げの傾向が予想しやすいから、ということもあるのではないかと推測しています。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/23 Rocky]
[04/22 均等王]
[03/04 楢道ショウゴ]
[03/03 Rocky]
[03/02 楢道ショウゴ]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR