忍者ブログ

インデックス・ドライバー

消失リターン+コスト配分均等型ポートフォリオ

「消失リターン」の概念からリスクとコストは等価であると考えています。eMAXISの実質コストの確認を兼ねて、コストとリスク起因の消失リターンとを合わせたトータルコストを着目パラメータとして、それらの寄与率を均等化するウェイトを求めておきます。

コストは2015/01/26付の(交付)運用報告書、シグマはmyINDEXさんの2015/02/Eからもらってきます(→「バランスファンドのリバランスボーナス(2015/2/E)」)。

【コスト、消失リターン】

ウェイト算出は「非時価加重ウェイトのまとめ」より「⑨コスト配分(CW)均等型」を使います。実質コストだけのバージョン、消失リターンだけのバージョンと合わせて並べてみます。

【消失リターン+コスト配分均等型】

【テーブル(左列が各項目の値、右列がウェイト)】

【考察】
実質コストは新興リートがやはりエグいですね。設定された頃にマネジャー氏が「それほどかからない」ようなことを言っていた記述を見たような気がするのですが「そんなわけがなかった(´~`)」。新興国は総じて保管費用がムダだと思います。さらにシグマによるロスまで考慮すると新興国は厳しいですね。あとは日本債のロスの少なさが際立ちます。消失リターンがシグマの「自乗」で効くことに起因すると考えられます。

(関連記事)

コメント

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 3 5 6
8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[01/11 河童]
[01/11 Rocky]
[01/09 河童]
[01/09 河童]
[01/08 Rocky]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR