忍者ブログ

インデックス・ドライバー

海外ETF乗り換え時の為替についての確認

海外ETF移行について本気で腹をくくろうと考えていて一瞬不安に思ったことです。

例えばVWOは新興国株式に米ドルで投資します。

確認なのですが、海外ETFを買うときの米ドルが100円で、将来円に戻すとき50円だったとしたら、50円の円高分損することになるのでしょうか?

為替が円高米ドル安になっても、米ドル建てのVWOがその分上がっているから(新興国通貨に対して米ドル安だから)、トータルでキャンセルという考えでよいでしょうか。

FTSE-EM(新興国通貨) --- 新興国通貨/円 トータル
---
FTSE-EM(新興国通貨) 新興国通貨/米ドル 米ドル/円 トータル
--- FTSE-EM(米ドル) 米ドル/円 トータル
---








これは円と新興国通貨の関係が一定の場合であり、新興国通貨に対して円が高くなるとトータルは下がります。

実はこれを書こうとしているところでタイムリーに水瀬さんが述べられていました。


内容は円、米ドル、ユーロ建ての米国株ですが、これが新興株になっても同じことです。米ドルの価値が下がっても相対的に新興国通貨の価値が上がるので円と新興国通貨との関係はプラスマイナスゼロです。結局、現地の株価と新興国通貨/円を見ればよいということになります。

実際に数字で確認しておきます。myINDEXさん@4月末からいただきます。例によってブラジルを見てみます。

5年リターン 5年リスク
MSCIブラジル(米ドル建て) -4.9% 34.1%
米ドル/円 -1.3% 11.0%
米ドル/ブラジルレアル 3.8% 17.3%
ブラジルレアル/円 -4.9% 20.7%
MSCIブラジル(円建て) -6.1% 36.8%








まず現地通貨建てのMSCIブラジルは
MSCIブラジル(レアル建て)-1.3%(=(100-4.9)%×(100+3.8)%)

上の表の3つの関係に当てはめると
(100-1.3)%×(100-4.9)%=-6.1%
(100-1.3)%/(100+3.8)%×(100-1.3)%=-6.1%
(100-4.9)%×(100-1.3)%=-6.1%
=MSCIブラジル(円建て)

実際のETFではトラッキングエラーやサンプリングタイミングなど微妙な誤差はあると思います。

ただし、この話は株価や指数の為替換算の話です。海外ETFでかかるコストの中で例えば為替のスプレッドは固定値なので売却するときに円高米ドル安になっていると相対的に割高になって損します。また外国株式手数料が米ドル建ての定額だと円安米ドル高ほど割高になって損します。

(関連記事)

コメント

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[04/23 Rocky]
[04/22 均等王]
[03/04 楢道ショウゴ]
[03/03 Rocky]
[03/02 楢道ショウゴ]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR