忍者ブログ

インデックス・ドライバー

eMAXISバランスファンドとBTO投信

少し前の話題ですがeMAXISの新ファンドについてです。

ネット投資家向け「eMAXIS」(イーマクシス)に新ファンド追加 (2011/10/21 三菱UFJ投信)

①eMAXIS バランス(8資産均等型)(0.525%/0.15%)
均等配分という潔さ。シンプルでシンメトリカルで美しいです。余談ですが、新興国REITが入って3x3のマトリックスになると割り切れなくなるんですよね。悩ましいです。ちなみにコストは0.42が3つで0.63が5つなので単純平均で0.525より高くなるはずですが、それより低いのはナイスです。
②eMAXIS バランス(波乗り型)(0.525%/0.15%)
とりあえずマネックス資産設計ファンドのような後手後手にならないでほしいと思います。割とルールが明確でプロの助言もなさそうなのでおもしろそうだと思いますが、欧州不安とかで1ヶ月や1週間でコロコロ変動してしまう現実を考えると順張りで25日という周期が適切かは不安です。①とのパフォーマンス勝負に興味があります。

②のファンドで思ったのですが、BTO投信というのはどうでしょう。金額や配分を自由にカスタマイズできるものです。

例えば、
積立額 ○万円
新興株 48%
新興債 16%
グロ株 16%
・・・
→自動で信託報酬、期待値、シグマ等を表示

さらに、
・リバランスの戦略やトリガーのパラメータを設定できたり。
・自分で名前をつけられたり。
・1ヶ月等の短期間で解約されると売る側の手間やコストが増える一方だと思うので、1年とか2年縛りにして中途解約は違約金を取るとか(携帯みたいに)。その分信託報酬は低く設定するとか。

ひとつめは投信の機能というより証券会社のサービスのような気がしますし、ユーザーが既存のインデックスシリーズを自分で調整すればいい話ですが、条件を指定して自動でやってくれる機能はぜひほしいと思います(感情を極力排するという意味で)。

みっつめは「違約金留保額」(運用会社や販売会社の利益)みたいなものを、最初は高めに設定して、保有1年単位で低下させていき、10年くらいで信託報酬とトータルの損得的に交差するように設定するのはどうでしょう。その方が高い信託報酬や成功報酬を払うより気分的に納得できますし、安定顧客の獲得と、長期の資産形成を促すことができるのではないでしょうか。

(関連記事)
バランスファンドで運用する効果(マネックス資産設計ファンド)
積み立てロジックのアレンジ
リバランスver.0.0
ネット証券専用ファンド-2nd season-の中身

コメント

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[11/19 Rocky]
[11/18 通りすがり]
[11/08 Rocky]
[11/07 AKI]
[10/27 Rocky]

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

プロフィール

HN:
Rocky
性別:
男性
職業:
技術系

忍者ブログ広告
PR